バランスがいい食事

ドックフードの材料でアレルギー

実は、ワンちゃんにもアレルギーがあるのをご存じでしたか?
人間同様さまざまな種類のアレルギーがありますが、
それぞれに合ったアレルギー対策用のドッグフードを与えてあげる必要があります。
ドッグフードに含まれる原材料である穀物や、牛肉、鶏肉、ラム肉などもアレルギーを起こす可能性があるのです。

ワンちゃんのアレルギー症状で多いのが、
アトピー性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎、食餌性皮膚炎、接触皮膚炎の4つなのです。
最近では、アトピー性皮膚炎がふえているのです。
アレルギー症状を引き起こすと、かいてしまって他の皮膚トラブルを引き起こしてしまったり、
ストレスが溜まってしまう可能性もあります。

そんなアレルギーですが、原因は様々なのです。
ですが、最近のワンちゃんにアレルギーが多いのは、粗悪なドックフードが原因ではないか?と言われています。
ドッグフードには、品質基準がありませんし、成分表示の義務http://www.dogtail.jp/annsinannzenn.htmlもありませんので
何が入っていてもおかしくないのです。

また、食品として有害な成分がたくさん入っている商品もあるのです。
特に抗酸化剤には、注目してください。
BHT, BHA、エトキシンなどは、工業用に使われている抗酸化剤ですが、ドックフードにも多数使われています。
これらを含むドックフードは、避けてくださいね。

他にも、病気やけがで死んでしまった家畜や賞味期限の切れてしまったお肉などが
ドッグフードに使用されていることがあります。
人間が食べて有害なものを可愛い愛犬に食べさせることはできませんよね。

これらの成分がアレルギー症状を引き起こす可能性もありますので、要注意なのです。
アレルギー症状がでたら、動物病院で、原因を特定してもらいましょう。
最近は、除去食が販売されていますので、アレルギー対応食にかえてあげる事が重要になります。

安価なドックフードは、何が入っているか分からないのです。
最低でも、「総合栄養食」の表示があるものを選んであげましょう。

Menu