バランスがいい食事

ドックフードの価格の差は原材料にあり

安価なものから、高価なものまで、ドックフードは、さまざまな価格の物が販売されていますよね。
これは、含まれる材料によって、価格が変わってくるのです。

安価なドックフードは、畜肉副産物、鶏肉副産物、大豆ミールなどを使用していることが多いようです。
畜肉副産物、鶏肉副産物とは、人間が食べれない部位や、羽・糞尿まで入っていることもあるのです。
また、病気で死んでしまった動物、腫瘍のある動物、なども副産物になります。
正直いって何がはいっているか分からないのです。

ドッグフードには、品質基準http://www.arimahp.jp/Standard.htmlがありませんし、成分の表示義務もありません。
そのため、何が入っていてもおかしくないのです。

スーパーで売られているお肉、安くても、100g100円位で販売されていますよね。
ドックフードの大半は、肉材料からつくられています。
そのドックフードが100g100円以下で販売されているのは不思議ではありませんか?
安価なドッグフードには4Dミートが使われている可能性があると言われています。
この4Dとは病気や死んでしまった動物の肉のことです。
人間はもちろん食べることができない危険な肉のことです。


また、安価なドッグフードには、工業用酸化防止剤が使用されていることもありのです。
よく成分を確認してくださいね。

高価なドッグフードは、人間が食べても大丈夫なものがたくさんあるのです。
人間の食材からつくられているものがおおいので、ワンちゃんの健康にもおすすめです。

愛する愛犬に、人間が食べて有害なものを食べさせているかもしれないのです。
今すぐ、成分をチェックしてみてください。
畜肉副産物、鶏肉副産物、大豆ミール、BHA等の酸化防止剤が入っていませんか?
もし、これらすべてが入っているドックフードなら変えた方がいいかもしれません。

スーパープレミアム、プレミアム等の表示があるドックフードには、これらが1種類、または、入っていません。
この程度のドックフードが、価格と成分のバランスのいいドッグフードではないでしょうか?

特に、最近のワンちゃんにアレルギーが多いのは、
こういったドックフードを食べているからではないか?と言われています。
アレルギー持ちのワンちゃんには、アレルギーをケアするドッグフードを与えてあげましょう。

Menu