バランスがいい食事

成長が止まったら成犬用ドックフード

成長が止まってしまったらパピー用(子犬用)フードから成犬用フードにかえてあげましょう。
個体差がありますが、10か月頃から徐々にかえていきましょう。
1歳になるころには、完全に成犬用のドックフードに切り替えてあげるのが理想です。

一気にドックフードを変えてしまうと、
ワンちゃんのストレスの原因にもなりますし、消化不良等を起こしてしまう可能性があります。

なぜ、同じワンちゃんでもドックフードを変える必要があるか?というと、
必要な栄養素が変わってくるためです。
ワンちゃんの成長は、早いので著しい成長を助けるために、多くのカロリーや栄養素が必要になるのです。

パピー用のドックフードは高カロリーに作られています。
また、消化しやすく、のどに詰まらないように小粒に作られています。
これを成犬用のドックフードに変えるのは、肥満になってしまわないようにするためです。

成長が止まったワンちゃんが、パピー用のドックフードをたべると、カロリー過多になってしまいます。
肥満は、万病のもとになりますので、要注意です。

成犬用のフードは、できれば犬種にあったドックフードを与えてあげましょう。
犬種によって、個体差や生活環境もありますが、運動量などが違うため必要になる栄養素が違ってきます。
そのため、ワンちゃんにあったドックフードを与えてあげることで健康を維持することが出来ます。

ワンちゃんも人間同様、健康を保つためには、「食事」が大変重要です。
この食事を管理できるのは、「飼い主」だけです。
しっかりと健康を維持できるドッグフードを選んであげましょう。

ワンちゃんによっては、トラブルを持っていたり、発症することもあるのです。
その時には、その症状に合ったドックフードにかえてあげる必要がありますので獣医の指示を仰ぎましょう。

食事は、寿命にも関係してきます。
愛するワンちゃんと少しでも長く一緒にいられるよう、食事にも気を使ってあげましょうね。

▼正しいドッグフードの選び方や与え方はこちら

Menu