バランスがいい食事

ドックフードを購入するときは成分表もチェックしよう

ドックフードをご購入の際には、何をポイントに購入されていますか?
価格、メーカー、獣医推奨、認定マークなどさまざまなポイントがありますが、
一番注目してほしいポイントは、成分表です。

ドックフードは、成分の合計80%以上を表示しましょう、と推奨されていますので、
成分表には、ドックフードに含まれる80%の表示されているのです。
これをよくチェックすることで、有害な物質がふくまれていないか、などをチェックすることができます。

といっても、法的には、定められてない為、表示しなくても問題はありません。
が、有害物質が残りの20%に入っていることがおおいので、表示されていないドックフードも多いです。
極端にお安く販売されているドックフードは、避けた方が無難です。

成分表でチェックしてほしいポイントは、肉副産物、BHA、BHT等の酸化防止剤、エトキシンなどです。

この肉副産物とは、畜産や鶏肉の人間の食べれない部位、(肺・脳・血・羽・糞尿)などがあります。
出荷される前になんらかの検査に落ちたもの、
スーパー等で賞味期限が切れてしまったものなどが使用されていることがおおいです。
チキン、牛肉、と書いてある場合には、人間の食べれる食材を使ってることが多いようです。

BHA,BHTは、工業様の酸化防止剤で、人間には有害、と研究結果が出ています。
人間が摂取して有害なものを愛犬に与える、ってなんだか変ですよね。
しっかりと成分を確認して、購入するようにしましょう。

安心して与えられるドッグフードは、人間もたべることが出来る、無添加のプレミアムドッグフードがおすすめです。
有害物質だらけのドックフードをあたえていると、アレルギーを発症しやすくなります。
最近のワンちゃんにアレルギーがおおいのは、これが原因だといわれることも。

原材料にもこだわったドッグフードでワンちゃんの健康を守ってあげてくださいね。
ワンちゃんを守れるのは、飼い主しかいません。

ところでみなさんは愛犬にごはんをあげる時間や量は決めてありますか?
食事の時間を決めておくのは大切なことのようです。

↑その理由についてはこちらに載っていますのでご覧ください。

Menu