バランスがいい食事

安すぎるドックフードは要注意

愛犬の健康の元である、「ドックフード」ですが、お幾らくらいのドックフードを与えていますか?
お安いものだと、1kgで1000円程度で変えることもありますよね。

ドッグフードにはさまざまな栄養素が含まれており、
総合栄養食の表示あるものは、水と総合栄養食だけで飼育可能です。

それだけの栄養素が含まれているのに1kg1000円程度です。
お安くてうれしい、と思ってしまいますよね。

でも、ドッグフードに含まれる主原料は、お肉ですよね。
スーパーで売っているお肉っていくら位ですか?
牛肉の場合、100g100円程度ですよね。=1kgで1000円。

不思議じゃないですか?
これだけの栄養素がふくまれていて、加工もされている、それなのに1kg1000円です。
ということは、原料に安い材料が使われている、という事になりますよね。

原材料にもこだわったドッグフードhttp://www.haffiliation.jp/sozai.htmlは、それなりのお値段になりますよね。
1kgでなんと、5000円以上するドックフードもあるのです。

原料に、肉副産物、添加物を多く含むドックフードは、比較的お安いのです。
肉副産物とは、肉部分以外の、肺、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、などのことです。
お安いドックフードには、病死した動物や腫瘍のある動物がつかわれている可能性があるのです。

また、工業用の酸化防止剤、BHAやBTA、エトキシン等が使われていることもあります。
これらは、人体に有害とされていますので、人間用に使うことはできないのです。
もしかしたら、人間に有害な成分を含むドッグフードを愛犬に与えているかもしれないのです。

最近のワンちゃんにアレルギーが多いのは、
これらの添加物が含まれているからではないか?言われているのです。
知らないうちに有害なドックフードを食べさせているかもしれない、とおもったら怖いですよね。
ドッグフードを購入する際には、よく成分を確認しましょう。

価格と成分のバランスをよく見極めてご購入くださいね。

Menu